宝通商株式会社
ホーム|プライバシーポリシー|お問合せ|サイトマップ
トップページ>エキゾチックレザー>オーストリッチ>オーストリッチ JapanesePageJapaneseEnglishPageEnglish
会社概要・販売商品
会社概要
インターネット販売商品
会員様専用ページ
各部門・商品詳細
カーゴセキュアリング
セキュリティシール
メディカル
パール顔料
エキゾチックレザー
建築関連機械
起泡剤
土木関連資材
ヘルスケア関連
オーストリッチ
オーストリッチはもともと南アフリカに生息、飼育されていたもので、1939年頃にイタリアで初めてハンドバッグがつくられました。
その後、南アフリカが革を独占的に販売することで成功を収め、日本でも非常に希少価値の高い材料として求められてきました。その後、南アフリカ以外でオーストリッチの養殖が近隣各国及びヨーロッパ、オーストラリア、さらに日本でも行われるようになりました。

革の供給数量が飛躍的に増えたことと、オーストリッチの革を製品にする加工技術は一般の牛革と同じような技術でも出来るために、それまでオーストリッチを扱わなかった製品メーカーがこの材料を使った製品製作に参入してきました。
特に中国を含む東南アジアでの製品の生産量が増え、それらの製品が日本市場に出荷されたこともあり、日本でのオーストリッチの製品の低価格化が進み、身近な製品になりつつあります。

オーストリッチは生まれてから12ヶ月ほどで成鳥になるために、養殖をする農家にとっては他の動物を飼育するよりも経済的な事業ということで、日本でも多いときには大小合わせて400くらいの養殖場ができ、現在でも約300前後の養殖場が革と食用肉を生産しています。 日本は年間3000羽くらいが主に食肉用として生産されています。

弊社では、主に南アフリカにて染色されたオーストリッチの革を輸入し、日本のハンドバック、ベルト、靴のメーカーさんに販売しています。 オーストリッチの材料にご興味のおありの方は、何なりとご質問、ご連絡ください。

また、オーストリッチの製品にご興味をお持ちの方には、弊社のお取引先をご紹介いたします。 日本では、最高の品質、デザイン、アフターサービスをご提供されている信頼できるメーカーさんをご紹介いたします。


製品情報
宝通商株式会社
東京都中央区日本橋本町4-7-10
TEL : 03(3241)3121 FAX : 03(3245)0650
URL http://www.takara-online.co.jp/